お金を貸す時に要注意 - 貸したお金が戻ってこない(怒)絶対返してほしい!!

お金を貸す時に要注意

貸したお金が返って来ないのは、明らかに借りた側の責任にあります。
貸したお金を速やかに返済するのは、法律でもきっちりと定められている筈です。
しかし実は貸した側にも、ほんの少しではありますが責任はあります。
お金を貸し出すのは良いのですが、その前に一息ついて考えるようにした方が良いでしょう。

まずはお金を借りようとしている人に、返済能力があるかどうかです。
もし仕事もせずに1日ブラブラと過ごしているようであれば、いつまで経っても貸したお金は返ってきません。
例え裁判に訴えて勝訴したとしても、相手に返すお金が無ければ難しくなるのは明白です。
そこで、目をつけたいのが保証人です。
万が一返済が出来なければ、保証人を立ててもらうことです。
もし相手が拒否すれば、お金を貸す義理は無いと断ってもらっても構いません。
でも当の保証人でも返済能力が無ければ、あまり意味は無いかと思います。

消費者金融や銀行でも申込者にお金を貸し出す時は、その人に返済能力があるかどうかを審査します。
かなり細かい所まで見ているので、融資が受けられないという人もいます。
ただ個人で返済能力を調べるとなると、流石に限界はあるので難しいでしょう。
でも少なくとも見ず知らずの人物にお金を貸し出すのは、極力控えておくべきです。

もし保証人を立てても返済の約束が厳しい場合は、担保として借りた側が大事にしている物を預かっておくのも手です。
要は質屋みたいなもので、もしいつまで経っても返済が無い場合は預かっている物を売り払いお金を工面すればいいのです。

ただどのような形でお金を貸し出すにせよ、必ず借用書は用意しておくことです。
口約束でお金の貸し借りを行う人もいらっしゃいますが、あまり褒められた行動とは言えません。
例え少額のやりとりであったとしても、必ず借用書は準備しておきましょう。
借用書があれば後で裁判沙汰になった際にも証拠として十分に使え、トラブル解決の糸口にもなります。