弁護士に相談して解決へ! - 貸したお金が戻ってこない(怒)絶対返してほしい!!

弁護士に相談して解決へ!

貸したお金がいつまで経っても返って来ないのならば、弁護士に相談することをおすすめします。
大袈裟に感じるかもしれませんが、実際に弁護士に相談をして無事解決した事例も数多く報告されています。
ではどういう事例があるのか、2つ紹介します。

まず1人目は会社の同僚に、5万円を貸してほしいと頼まれたものです。
5万円ぐらいならと思うかもしれませんが、10回も20回も立て続けに来るととんでもない金額になります。
少しは返してくれたそうですが、それでも一時期は未返済分は100万円以上にまで膨れ上がったこともあったそうです。
何度催促してもお金を返してくれる気配は無く、しびれを切らし弁護士に相談することになりました。
弁護士に相談すると、同僚に弁護士名義で内容証明郵便を送ったそうです。
でもそれでも良い返事は来ず、遂には裁判沙汰にまで発展します。
裁判所において取敢えず今支払える分だけを支払い、残りは分割で少しずつ返済することを約束しました。

次に2人目は、彼氏に50万円を貸した女性の話です。
彼氏は彼女に土下座をして「消費者金融の取り立てに追われており、今直ぐに50万円必要だ!」と懇願されたそうです。
当初は流石に戸惑ったようですが、「一生のお願い」だと泣きつかれては「嫌だ」とも言えません。
でも彼氏は彼女から借りた50万円を一向に返そうともせず、しかも一方的に別れを切り出したそうです。
当然彼女は納得がいかず、何とかお金だけでも取り戻したいと弁護士に相談しました。
裁判までもつれ込むことは無かったものの、最終的には支払督促をすることにより回収に成功したようです。
支払督促は裁判所が代わりにお金を借りた人に対してお金を督促してくれる制度を指し、上手くいけば効率よくお金を取り戻せます。

どんな少ない金額でも相手にお金を貸し出して何らかのトラブルが起これば、法律に関わってきます。
法律が関わると素人判断ではどうしようもないので、弁護士に相談して解決へと導くようにしましょう。